終わりの始まり

 
記事の流れは以下の通り。
2019年04月:東京の直営4販社を「トヨタモビリティ東京」へ統一
2019年10月:福岡トヨペット、トヨタカローラ愛知等の直営販社地場へ売却
2020年05月:全車種併売開始
2020年07月:「トヨタモビリティ東京」以外の残る直営販社5社を地場へ売却
 
”いつまでもあると思うな親会社。あとは各自で”
すなわち、トカゲの尻尾切り。そう読み取ることもできます。
 
これから販売会社はどんどん減っていきます。
クルマを売るだけなら通販でも可能かもしれません。
しかし、車検は?修理は?リコール改善作業はどうする?
どれほどの腕があるメカニックをもってしても、
昨今の複雑な制御回路を持つクルマの修理は、
ディーラーの手助けなしにやっていけません。
近くにディーラーがないと、その不便さは計り知れないものがあります。
 
どうなることやら・・・ですが、みなさんどうされます?